労働時間がある程度固定されているのかを確認

時期や曜日によって労働時間が変わるかどうかも調べておこう

ドライバーとして採用された後に心身ともに安心して働くには、求人探しや面接の段階で労働時間がある程度固定されているかどうか確認することが大切です。特に、長距離ドライバーなど営業範囲が広いドライバーの仕事を選ぶにあたっては、しっかりと体を休めるために、待機時間や拘束時間についても目を向けるのがおすすめです。また、ドライバーの仕事は時期や曜日によって労働時間が大きく変化しやすいこともあり、あまり体力に自信がない人は、勤務開始前に生活リズムを乱さずに働けるかどうか見極めをすることが大事です。なお、労働時間と給料の仕組みについては、ドライバーの仕事をしたことがない人にとって分かりづらいこともあるため必ず担当者に質問をしておきましょう。

業務未経験者は残業や休日出勤の回数が少ない会社がおすすめ

ドライバーの仕事を経験したことがない人は、一年間の残業や休日出勤の回数が少ない会社の求人を優先的に探すのがおすすめです。一般的に、慣れていない道を運転したり、仮眠時間が短くなったりする場合には、体力面や精神面の負担が大きくなりやすい傾向があります。そのため、就職活動を通じて、自分のキャリアやスキルに見合った運送会社を見つけることが肝心です。大手や地方の優良な運送会社の中には、ドライバーが無理なく勤められるよう、一日あたりの労働時間を定期的に見直したり、ドライバーの人数を増やして残業時間を短くしたりしているところもあります。その他、ハードワークの悩みに対処するうえで、就職後に先輩や同僚のドライバーと意見交換をすることも大切です。